セラピストプロフィール

村田安子  Yasuko Murata

1974年兵庫県生まれ。

 

小さい頃は日暮れまで外で駆け回り、小中高はバレーボールに熱中し、体を動かす事が大好きでした。

 

社会人となり仕事に追われ、体を動かす機会が減った頃から、幼少期に負った右肩の亜脱臼、バレーボールで痛めた腰の影響が出始め、肩凝り、頭痛、腰痛に悩まされる様に。その為、様々なマッサージや手技療法を受ける事が趣味のようになりました。

 

そんな中、人一倍元気だった父が突然難病になり、見様見真似で父にマッサージをする事に。病気による痛み、不安と闘う父は就寝前のマッサージをとても喜び、病気の苦痛からひと時開放されている様でした。ずっと受ける側だったマッサージ。病床の父が安らぎ喜ぶ顔を見て、マッサージをする側になる事に興味を持ち始めました。

 

会社員として働きながら英国IFA認定アロマセラピスト資格を取得した後、緩和ケア病棟で約4年間オイルマッサージのボランティア活動を行い、ここでの患者さんとご家族との交流の経験、私のマッサージを喜んだ父がマッサージセラピストとして歩む道へと背中を押してくれました。

 

その後大手リラクゼーションサロン、整形外科の自由診療部門での施術を経て2018年に星と海をオープン。

日々のセッション、自分自身と向き合いながら、様々な手技療法やボディワークの講習を受講、体験する中で、バイオダイナミクスオステオパシー、心で触れるボディワークというアプローチと出逢い、セラピストとしての在り方に大きな影響を受けました。いずれも人の身体のみを扱うものではなく、心やエネルギー、自然界も含めた全体性をみる深遠さに感銘を受け、実践と学びを続けています。

  

父の闘病中に出逢った食事療法や自然療法には、以降ずっと興味を持ち続け、これはと思うものを独自に気ままに試しています。

コロナ禍を機会に断食を実行したり、最近ではほぼグルテンフリーな食生活を行う等して、食事の内容がいかにからだへ影響を及ぼすかを興味津々で自身のからだで実験中。また、心で触れるボディワークのルーツ、エサレン®マッサージの重要な要素の一つであるゲシュタルト療法にも興味を持ち、講座を受講する等して、自身のからだ、こころ、内側の感覚との出逢いを楽しむ事を日々実践しています。

資格等

  • 英国IFA認定アロマセラピスト資格取得
  • アロマフランス認定クレイセラピスト資格取得
  • ジョアンナ・ホア女史 マニュアルリンパドレナージュコース受講
  • 芦屋オステオパシースクール初級コース受講
  • インターナショナル オステオパシック アソシエーション オブ ジャパン  バイオダイナミクスオステオパシー phase1、2、3 修了
  • 一般社団法人ゆったりセラピー協会 認定 ゆったりセラピスト®